CRED(クレド)

 

eflyは

「前を向くヒトに寄り添い続け、ヒトの持つ僅かな可能性を信じ抜く」

ことをビジョンとしています。

そのビジョンを実現する為の社員の行動指針がクレドです。

eflyのクレドは

「巧より強たれ」

小手先のスキルより、己の弱さに向き合うことをクレドに込めました。

私たちは、求職者の為になるなら、

嫌われようが、本音で話します。

考えの指摘をすることもあります。

商売優先で、求職者の言われた通りにサポートする企業も多くなっています。

求職者に、「こちらの方が良い」と思っているお考えと違うアドバイスをすると

「否定された」と感じて、他社に相談に行ってしまうからです。

曖昧な理由での転職希望の求職者が相談に来ると、

適当に応対する人材会社も多くなってきています。

転職をしない可能性が高く、収益が生まれないからです。

しかし、本音で、本気でサポートしないのは、こちら側の

「己の弱さ」

でしかありません。

私たちは、自分の弱さに向き合い、

求職者にとって最適な行動を常に取ります。

「本音で話す」を付加価値として、

お客様に選ばれる事が、本質であると信じて疑いません。

私たちは、

「求職者に嫌われるのでは」

という弱い気持ちに全員が向き合い、最適な行動を取り続けます。