インタビュー

転職者インタビュー①  繊維商社(1年5ヶ月)→ヘルスケアサービスリリース→リクルート住まいカンパニー 内定 / 孫寛貴様


前に進みたい、でも誰もが葛藤は付きまといますよね。


今日は、そういった葛藤を持ちながらも、自分に打ち勝ち、


挑戦を選び続けてきた孫さんにインタビューをしたいと思います。


孫さんの気持ちに迫るリアルさを追求したインタビューになっておりますので

・理想の自分が見えていても、その自分から遠ざかり、自己嫌悪で苦しんでおられる方


こういった方に孫さんの記事が届けば良いなと心から思っております。


それでは、大学時代の孫さんから時間を巻き戻してインタビューをしていければと思います。


下記からは孫さんの目線でこちらの記事を書かせていただきます。

商社を選んだ大学生時代の決断

大学生活で打ち込んだラクロス部での写真


商社を選んだ理由は、

「モノ・カネの流れを1番知ることができる業界だ」という点でした。


当時の将来の目標であった「起業」をした際に必ず役立つと思ったからです。


その中でも前職を選んだ理由は、若手の裁量が多いと聞いており、

社員全体の士気が高いと感じたからです。


士気に拘った理由は、


過去の小〜中〜高〜大の分岐点の選択の際に、前提としてやりたいことが決まった上で、


「周りのレベルが高くて自分自身が興奮するかどうか」という基準で選択してきたからです。


幼少期からその様なスポーツや勉学といった各分野で突き抜けている環境に身を置いてきました。


その環境の中で目標に向かって没頭することが自分にとっての「幸せ」でした。


だからこそ、私は繊維商社である田村駒株式会社に入社しました。

田村駒株式会社にご入社されてから


洋服カジュアル部隊の営業アシスタントとして、主に


1,貿易実務


2,海外工場へ洋服サンプル作製指示


3, 国内外での生地収集


の3点を遂行しておりました。



営業で入社したのですが、


アパレル業界の不振をダイレクトに受ける部署で赤字課として生産管理の強化が組織として求められており、


営業アシスタントとして

「時間内に効率よくミスなく業務を遂行する力」


が求められておりました。


会社に多くの機会を与えて頂き、上記の力の他にも多くの力を身に付けることができたと思っております。

約1年5ヶ月勤務したのですが組織の都合上、営業として数字を持つのが早くて5年目であった為、自分の理想のキャリアから逆算


した際に退職という決断をしました。

独立後の孫さん


独立をする前に、


・独立して起業すること


・転職すること


この二択のどちらが目標に向かっての最短距離なのかかなり考え混んでいた時期がありました。

理由は独立という世界が想像できずにいたからです。


そんな時、独立経験のある稲葉様から2点のご意見を頂きました。

1,自分の理想のキャリアの解像度をもっと明確にすること

2,独立の世界について。



本音ベースで伴走して頂いた結果、


全く足りていなかった上記2点を自分の中に落とし込むことができ、独立することを決断しました。


振り返ると、


当時稲葉様からのアドバイスがなかったら「後悔」により、独立後も走り続けることが出来なかったかもしれません。


お陰様で現在は


1,パーソナルトレーナーとユーザーを結ぶマッチングサイトの運営


2,プロテインのODM,OEMの展開


3,プロテインの自ブランド展開


4,WEBマーケティングによる店舗コンサルティング等


それぞれ順調に進めることが出来ており、稲葉様には大変感謝しております。

リクルートを受ける事になったきっかけ


独立後、順調に事業の売上が伸びていきました。


そんな中、自分一人で目標を達成することよりも、チームで目標を達成したいという想いが強くなって行きました。


今まで打ち込んできたスポーツの様に周りのレベルが高いメンバーと共にお仕事がしたいという想いの元、自分で幾つかの会社を調べた結果、


(株)リクルート住まいカンパニーを受けました。


当然、転職活動をしたことが無かった為、右も左も分からない状態で稲葉様にご相談致しました。


何度も面接練と本音ベースのフィードバックを頂き、それを反省して改善することを繰り返した結果、

(株)リクルート住まいカンパニーから内定を頂くことが出来ました。

将来の展望


(株)リクルート住まいカンパニーで勤務しつつ、それと同時に自分の事業を展開していきたいと思っております。



現段階の長期の目標として、

30歳で自社組織のメンバーと1つのビジョンに向かって進むこと


を掲げております。


その為に(株)リクルート住まいカンパニーという環境を良い意味で使い倒して、社会やお客様の幸せをとことん追求して自分のスキルアップをしていきたいと思っております。組織の1人としてとことん結果に拘り、充実した毎日を送りたいと思っております。

孫さんのインタビューを行ってみて。


私、稲葉としても非常にありがたいお言葉を多く頂きました。


孫さんのストロングポイントは、

1.正しいと思ったことが怖い決断になろうが、やり抜くこと。

2.アドバイスを素直に受け入れる強さ

3.こちらのアドバイスに対して、200%で答えてくる前のめりのスタンス


営業経験のなかった孫さんが、リクルート住まいカンパニーに営業職として採用されたことは私にとっても、物凄く嬉しいことでした。


孫さんのような事例をもっともっと多く創出していけるよう皆様に寄り添い続けます。


この度は、孫さんインタビューにご協力をしていただいてありがとうございました!


孫さんのtwitter


@kankichidaze 

関連記事

  1. ビジネス

    2019年度中途採用市況感

    本日は、2019年度の中途採用市況感について簡単にリクルー…

  2. エフリーニュース

    人材紹介会社の集客支援とは?

    皆様、今回は弊社efly(エフリー)の代表をしていま…

  3. ビジネス

    自己分析ってどうやるの??

    日頃、仕事をしていて良く求職者様から頻繁に相談される「自己…

おすすめ記事

特集記事

  1. 【メンバー紹介】CMO中野憲一の紹介
  2. 人材紹介会社の集客支援とは?
  3. 自己分析ってどうやるの??

無料キャリア面談申込

まずは無料面談!

 

弊社コンサルタントがお悩みを伺います

  1. インタビュー

    転職者インタビュー①  繊維商社(1年5ヶ月)→ヘルスケアサービスリリース→リク…
  2. ビジネス

    自己分析ってどうやるの??
  3. ビジネス

    2019年度中途採用市況感
  4. エフリーニュース

    【メンバー紹介】CMO中野憲一の紹介
  5. エフリーニュース

    efly社のコラム(記事)説明
PAGE TOP
[戻る]